カテゴリー: マーケティングとは の答え

コップのフチ子さん(コップのフチの太陽の塔)
2015年10月30日 by Gozo Negishi

社会人1年目の時の話です。

当時、投信会社に勤めていた僕はアナリスト向け決算説明会で、某社が紹介していた流体軸受モーターの技術に感動し、その興奮をその日の夜に当時付き合っていた彼女に熱く語りました。

僕「今日行った会社の新技術に流体軸受というのがあってさ、軸受がボールじゃなくて、軸が回った時にできる油の渦が軸を安定させて云々……(5分ほど独演)」
当時の彼女「どうでもいい!(怒)」
その日は非常にしょんぼりしたのを覚えていますが、さらにその1週間後にお別れを告げられる出来事がありました。
流体軸受に関する詳しい説明はこちら(←別ウインドウが開きます)

面白い、面白くないは相手によって変わるということ。
当たり前のことなのですが、経験としてとても勉強になったと実感しています。

そんな”流体軸受の悲劇”ですが、今日、やらかしてしまうかもしれません。しかし、それでもご紹介したいモノがあるのです。もちろん、マーケティング的にとっても素晴らしいと思っているからこそのご紹介です。

コップのフチ子さんです。

コップのフチ子さんはデパート等に設置しているガチャガチャの商品です。親指サイズのフィギュアで、特徴はコップのフチに置いても、バランスを取れるような形状をしていることです。
コップのフチ子さんに関する詳しい説明はこちら(←別ウインドウが開きます)

いや、もう知ってるよって話かもしれませんが、あえてこの商品の素晴らしさを解説させてください。

コップのフチ子さんのすごいところ

1)新しい市場を開拓したこと
レッドオーシャンである、ガチャガチャのマスコットフィギュア市場にコップのフチに置けるという”機能”を追加したことで、コップのフチにおくフィギュアというジャンルのブルーオーシャンを開拓しました。

2)ガチャガチャの人形なのに、ターゲットを大人に設定したこと
デパートの屋上で手に入るガチャガチャなのに、ターゲットは大人です。なので、水着を着たフチ子さんもいたりします。ゲームをやらない層をターゲットにソフトを開発したニンテンドーDSのような、従来はターゲットにならない層に向けた市場を設定しました。そしてターゲットに合わせて尖った商品にしたことで、バイラルを発生させ、書籍化、展示会、番組化という展開に繋がりました。

3)広義のアライアンス(コラボレーション)で付加価値を向上させたこと
アイキャッチ画像は”コップのフチの太陽の塔”と言って太陽の塔とコラボレーションした商品です。コラボレーションすることで、フチ子さんとは別のデザインを可能にし、商品の陳腐化を防きました。また、 太陽の塔や岡本太郎氏のファンも顧客として取り込むことが狙えます。

コップのフチの太陽の塔

コップのフチの太陽の塔

たかがガチャガチャですが、商品戦略、マーケティング戦略が詰まっているコップのフチ子さん。僕もフチ子さんを本格的に好きになったのは”コップのフチの太陽の塔”からです。つまり、コラボレーションがなければ、フチ子さんを購入することがなかった層です。

こういう人生にはどうでも良いけど、あるとちょっとだけ気持ちが豊かになるモノってとっても好きです。先日、堀江貴文氏がTVで「今後は仕事のロボット化が進むので、人々の余暇が増える。なので余暇を楽しむビジネスが有望」と言っていました。

これから先のビジネスのヒントは”余り”なのかもしれません。

 

【今日のマーケティングのポイント】

子供が購入するガチャガチャ市場に、あえて大人向けの商品を開発して、市場規模を拡大させたコップのフチ子さんのマーケティングはすごい!

カテゴリー:マーケティングとは の答え Tagged with: ,

2015年10月16日 by Gozo Negishi

3年前の今頃、日本マーケティング学会の設立大会に出席しました。

「これからマーケティングをちゃんと学んでいくぞ」と、勇んで法政大学のホールに入り、セッションの議事をふむふむと聞きながら、烈火の如くキーボードを叩き、議事録を作成しました。
帰宅後、その議事録と所感を自身のSNSに投稿し、情報共有という名目に付帯する達成感に浸っていました。
友人や先輩から届くいいね! の嵐--実際はそよ風なのに、すぐに満足感を得てしまうのが僕の悪いところです。

そんな中、一目置いている友人からコメントが入りました。

「君にとってのマーケティングとは何かな?」

ふ、ふかい。。。

マーケティングをちゃんと勉強しよう! と思っていた自分にとって、マーケティングとは何か?とは、君の目指すゴールは何だ?といわれている気がして、おかしな達成感に浸っている状態の僕に本質を教えてくれる出来事になりました。

***

マーケティングとは の答えについては様々な組織・機関・専門家が定義していますが(数年で変化しますが)、間違いなく言えることは、一義ではないということです。
そして、現在の僕の定義はといえば「経営戦略の一部」です。
広っ! っと思われましたか?
そうです、実はまだ、しっかりと定義できていません。

マーケティングは一義ではないだけに、様々な目的や方法が存在しており、「マーケティングが、マーケティングが」と言葉が一人歩きしがちです。

「マーケティングで売り上げが変わります」

「あそこはマーケティングができてないね」

「マーケティングが良くなかったから、売れなかった」

「次はこのマーケティング方法で上手くいく」

マーケティングって何でしょうね。スーパーヒーローのような、ワルモノのような。

僕はマーケティングを意識するときに、マーケティングという言葉の汎用性に負けないように、その会社の経営課題の解決について考えるようにしています。
マーケティングは手段であって、目的ではないし、スーパーヒーローでもありません。
とはいえ、マーケティングという言葉で思考のゴールを迎えたいという気持ちももちろんあり、このタイトルはそんな気持ちに自戒を込めて付けました。

これから、このブログを書きながら、日々の課題を解決しながら、僕にとっての「マーケティングとは」を探していきます。見つかるかは分かりませんが。

その記録が、皆さまにとっての「マーケティングとは」の答えの一助になれば幸いです。

カテゴリー:マーケティングとは の答え Tagged with:

ホーム  |  サービス紹介  |  コラム  |  お問い合わせ