デジタルマーケティングソリューション

ソリューションサービス メニュー


  1. マーケティング戦略
    コンサルテーション

  2. MAツール導入支援
    ソリューション

  3. リードナーチャリング施策
    運用支援ソリューション

  4. MAツール操作
    サポートサービス

1マーケティング戦略コンサルテーション

サービス概要

貴社の営業プロセスを
見える化・診断

貴社の営業部門が実施してきた営業プロセスを可視化し、どこに課題があるかを明らかにします。その上で、マーケティング部門や営業企画部門がどのように営業部門を支援すべきかをご提案いたします。

顧客接点の記録状況を
整理・情報の一元化

営業部門やコールセンター等での顧客対応に関する情報を一元化することにより、部門をまたいでも適切な対応が可能となり、更なる顧客満足度向上が見込めます。各部門の顧客対応に関するデータベースの情報を整理し、営業プロセスにおける、情報の最適な活用方法をご提案いたします。

マーケティング部門が
目指すべき目標を設定

企業が顧客と最初に持つ接点はWebサイトや展示会、セミナーであることがほとんどですが、マーケティング部門はその中で得た膨大な名刺やアンケートの記名の中から、見込み顧客を選別し、育成し、契約というゴールに向けて、適切なタイミングで適切な情報を営業部門に渡すという役割を担っています。
貴社の現状の施策や結果をヒアリングし、あるべき役割を描いた上で目標を決定し、施策を立案いたします。

貴社マーケティングの
目的に適うツールを選定

貴社のマーケティングプロセス上で課題となっている箇所を抽出し、それを解決するのに適した手段として、マーケティングツールをご提案いたします。
もちろん「ただツールを入れただけ」とならないよう、ツール利用の目的や方針の策定し、運用において、担当・役割の選定、効果測定、営業部門との連携等、基本設計をいたします。

Marketo(マルケト)導入・運用支援サービス

  • 部門間の役割分担とそれぞれが担うフローを整理できます。
  • 顧客対応に関するデータベースの状態を部門を超えて把握できます。
  • 営業プロセスのにおける不足点や改善方法が明確になります。
  • 課題解決や目標達成に貢献するマーケティングツールに出会えます。

2MAツール導入支援ソリューション

サービス概要

最適なマーケティングを行うための
MAツールの導入と設計を支援

一般的なMAツールはクラウド型で提供されているサービスのため、アカウントの開設まではスピーディに進みますが、その後の設定に時間がかかり、なかなか運用が開始できないことがあります。
また構築の初期段階で、既に別フォーマット等でお持ちの顧客データはMAツールに登録しますが、そのデータに重複があると重複配信を引き起こす等事故の元になります。MAツールを正しく運用していくための、システムの初期構築及びデータの適切な運用をご支援いたします。

MAツールの運用を行う際に必要な
PDCAの考え方と基本操作を解説

MAツールの運用が開始されると、マーケティング活動の状況によって初期設定で行ったさまざまな内容を追加、変更する必要が出てきます。例えば新たなマーケティング施策として新しく作成したメールを見込み顧客に送信したい場合は、メール本文やWebページの情報、配信先ルール設定、行動に対するスコアリング設定とその新しいルールに則ったフローなどを追加します。
また、「展示会に出展して会場で集めた顧客情報」を新たに一括でMAツールに追加するような機会もあります。運用フェーズにおいて、新規の施策を追加する際に既存の設定をどのようにアップデートし、PDCAを回していくべきかというベストプラクティスの提供と、基本的なMAツールの操作をお客様側で実施できるように支援いたします。

  • 複雑なMAツールの初期設定をアウトソースできます。
  • マーケティング施策の変更や追加の際に、MAツールの適切な再構築ができます。
  • MAツールの運用に関する基本的な操作ができるようになります。

3リードナーチャリング施策運用支援ソリューション

サービス概要

カスタマージャーニーに沿った
コンテンツ提案・運用

顧客が商材の購入に至るプロセスをカスタマージャーニーと言い、商材の認知から購買に至る行動や心理を時系列で表現したものがカスタマージャーニーマップです。まずは貴社注力商材のターゲットとなる顧客のペルソナを構築します。
ペルソナが自身の経営課題を認識し、その課題解決に向かう道のりの中で、どのような心理状態になるのか、どういったきっかけでどのような種類の情報に接触すると行動や気持ちに変化が現れるのか、その道のりや購買行動に向かって進んでいく様子を「旅路」になぞらえ、顧客理解を深めます。その「旅路」で重要な顧客接点となるWebページやメールの企画を立案、制作いたします。

購買行動に影響を与える
情報に対するスコアリング設計

顧客を育成する上で欠かせないのが、誰が、いつ、カスタマージャーニーを次のステップへ後押しする「検討を進めるための重要な情報」に接触しているかを把握することです。顧客のポジティブな行動(サイトの閲覧や資料ダウンロード、セミナー参加等)を「加点(スコアリング)」という形で顧客情報に紐付けることで、検討段階の進行具合を可視化します。そうすると「どのような顧客が」「どの段階に」「どのくらい存在しているか」が明確になります。カスタマージャーニーマップと既存顧客の分析を組み合わせ、「貴社の顧客が検討を進めるための重要な情報」を抽出することで、商材ごとに顧客属性と行動それぞれの最適なスコアリング設計を実現いたします。

  • 見込み顧客を育て、情報を営業部門に渡すまでの施策の成果把握が可能になります。
  • どんな顧客にどのようなコンテンツが響くのかが可視化できます。
  • マーケティング活動が適切に行われているかが判断できるようになります。

4 MAツール操作サポートサービス

サービス概要

MAツールへのコンテンツ登録代行、操作サポート

貴社が画期的なマーケティング施策をイメージしても、MAツールで実現するための具体的な操作・設定ができなければ、施策は実行されません。さらに、誤操作によるメールの配信ミスや登録済みデータの意図しない削除等、MAツールに格納されている重要情報の取り扱いには細心の注意が必要です。
MAツールは顧客情報を取り扱うプロフェッショナル向けのソフトウェアです。操作の慣れやスキル習得には時間がかかるため、操作そのものの代行やスキル習得までを支援いたします。正確な設定は適切な情報の取得を意味し、貴社のマーケティング施策が成功する可能性を高めます。

MAツール操作講習会

メールや電話による操作サポートの他、直接貴社のご担当者様向けに、MAツールの基本的な操作に関する講習会を開催し、習熟を支援いたします。しかも講習会のプログラムは貴社で頻繁に行う操作や設定の講習を増やすなど、カスタマイズが可能。実演方式による貴社のためだけの講習会及び専用マニュアルを作成いたします。

  • 複雑なMAツールの操作のすべてをアウトソースして本来業務に集中できます。
  • 自社でタイムリーに計測・確認したい操作のみを習熟し、他の操作はアウトソースするといった適切な役割分担ができます。
  • MAツールの設定や操作に関する不明点をメール等でお問い合わせできるため、操作スキルが向上します。

導入イメージ

下記は導入の際に実施する一般的なフローの一例です。


導入イメージ

オプションサービス

以下のようなご要望にもお応えすることが可能です。詳しくはご相談ください。

無料相談を
承っております
お気軽にお問い合わせください